2013年04月11日

桜の次は…!?(写真追加)

昨年買った〔桜草〕が、今年も花を咲かせてくれました手(チョキ)
あまり手入れをしてあげられなかったせいか、随分小ぶりですが、それがかえって健気な感じがします(*^_^*)
本当は裏側が少しピンクで表にもそれが写って薄い桜色になる品種なんですけど、今年は状態があまりよくないのか、かなり白いです。でも、それが清楚でかわいいらしいかも〜ぴかぴか(新しい)

桜草1.jpg


桜草2.jpg


おまけの写真:子供が通う中学校の前にある桜です。妹ちゃんの入学式(4月5日)の日に撮りましたカメラ

入学式の日に1.jpg


入学式の日に2.jpg
posted by きょうふみ at 16:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

気分転換〜♪

今日は仕事でしたが、抗がん剤の副作用で、朝からイマイチの体調バッド(下向き矢印)
そこで、ちょっとした気分転換に、前に作った【干柿大福】のもともとのレシピで【いちごジャム大福】に挑戦手(グー)

これは、とっても簡単で、餡さえあれば、30分もかからずにできるんです。
皮の白玉粉を練る時に、刻んだジャムを練りこんで、電子レンジで加熱するだけなんです。
と言っても、前回、皮造りの工程でデロデロになってしまったので、今回は用心して水分を加減しながら加えたのはいいのですが、ベストの硬さがどのくらいなのがはっきりわからず、感に頼るしかなく「こんなもんかなぁ~?」と…(^^;
また餡は、【干柿大福】の時は、市販の白餡を使ったのですが、今回は、前に作って冷凍しておいた自作の漉し餡を使ってみましたひらめき
少し皮が固めかな?と言う感じはありましたが、私的には、柔らかすぎるよりは固めの方が好みなのでまぁ、良かったかな?と。子供・お姉ちゃんも大絶賛でした手(チョキ)

いちごジャム大福@.jpg    いちごジャム大福A.jpg
posted by きょうふみ at 21:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

松竹座<二月花形歌舞伎>

前回の日記にも書きましたが、いよいよ明後日が初日ですexclamation×2

いや〜、面白そうですね〜exclamation&question
昼・夜どちらも新作歌舞伎で、歌舞伎に慣れてない人でも十分楽しめる作品です。
歌舞伎好きな人にも、見ごたえ十分だそうで、とっても楽しみです。

お昼の部の『新八犬伝』は、平成和歌集歌舞伎との第1弾として口演されたときに、拝見させて頂き、とても面白かったのを覚えています。
その時よりさらにメンバーも内容もパワーアップしているはずですから、これはもう面白いこと間違いなしでしょうグッド(上向き矢印)

夜の部の『GOEMON]は水口一夫さんの作・演出で、一昨年のシスティーナ歌舞伎で上演された傑作だそうですぴかぴか(新しい)
五右衛門(愛之助さん)の宙乗り・つづら抜けがあって、しかもフラメンコまで、と言う盛りだくさんな趣向が楽しみでするんるん
因みに、この水口一夫さんは、この方がいらっしゃらなければ、今の私はいないという、初舞台のきっかけを作ってくださった方でもあるのですexclamation×2

さらにさらに、ず〜〜〜〜っと前に一度、載せたことがあるのですが、私、片岡愛之助さんと同じ舞台に出演したことがあるんですよ!(^^)d
今をさかのぼること28年前、1985年5月の南座『陽暉楼』のパンフレットに証拠が残っています。(私と上下に並んで写真が載っているのです)
愛之助さんは、まだ、片岡秀太郎さんのご養子になられる前で、片岡千代丸のお名前で出演されていましたが…。

『陽暉楼』パンフレットより.jpg


こちらも是非ご覧ください目⇒ようこそ歌舞伎へ「片岡愛之助」http://www.kabuki-bito.jp/special/welcometokabuki/16/index.html

2月花形歌舞伎.jpg  2月花形歌舞伎@.jpg


そんなこんなで、皆さん、よかったら、2月は是非、松竹座に足をお運びくださいませわーい(嬉しい顔)
posted by きょうふみ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

市川猿之助襲名興行

昨日、久々に歌舞伎を見に松竹座に行ってきましたるんるん
独身時代は(何年前…?)よく歌舞伎を見に行きました。
好きな役者さんや見たい演目があれば、東京まででも見に行きましたが、昨今は歌舞伎のチケットもどんどん高くなっていることもあり、たま〜に、生協の格安チケットを申し込み「当たれば行く」と言う感じでした。
でも流石にこの興業は見逃せず、昔からお付き合いのある片岡秀太郎さんにチケットをお願いしてとって頂き、お友達と、母との3人で見に行ってきましたexclamation
本当は昼の部も夜の部も、両方見たいところですが、さすがに20000円×2は手が出ず、夜の部だけを見に行きました。
感想は「良かった〜〜〜〜〜黒ハート」の一言グッド(上向き矢印)

以下は、私の、まったく勝手な、個人的感想です。

まず初めは、お正月興行らしく『操り三番叟』で、三番叟の中村翫雀さんはもちろんですが、後見の坂東薪車が、後ろで控えながらも、性根は「三番叟を操っている」というところを、きっちりと押さえて演じておられるのがうかがえて、とても良かったですわーい(嬉しい顔)

次は『小栗栖の長兵衛』で、市川中車(香川照之)さんの演目。
私は、香川照之さんが歌舞伎の世界に飛び込まれると聞いた時から「やはり古典物は大変だろうし、香川さんのニン(いわゆる個性・キャラクターのようなもの)から言っても、新歌舞伎が似合うだろう」と思っていたら、案の定、という感じの岡本綺堂作の新歌舞伎。
とてもよく頑張っていらっしゃたと思うし、周り(澤瀉屋一門)の方々も、がっちりサポートして盛り上げていらっしゃいましたグッド(上向き矢印)
ただ、TVなどでも、折に触れて拝見した時に思っていたのですが、生の舞台を拝見して、やはり“発声”が違うということを感じました。
声が聞こえない訳でもなく、特に発声がなっていないとかではないのですが、何か、歌舞伎の発声と少し違うような感じがしました。何が違うのかよくはわからないのですが…。
でも、素晴らしい役者さんなので、これからも楽しみに、見続けていきたいと思っています。

そして次は口上。
猿翁さんは体調不良のため休演とのことでしたが、お目当ては猿之助さんと中車さんなので、問題なし(^^;
この、口上の時の幕が、昨年末の紅白の時に紹介された、福山雅治さんが贈られた幕ということで、お客さんが、みんな写真を撮る、撮るあせあせ(飛び散る汗)
もちろん私も撮りましたよカメラ

引幕@.jpg  引幕A.jpg


最後が、猿之助さんの演目『義経千本桜』川連法眼館の場。
もうこれは圧巻としか言いようがありませんでしたexclamation×2
まず、片岡秀太郎さんの静御前が何とも言えず良かったです。
この方のお芝居で、義太夫ものを見るといつも「人形浄瑠璃を役者さんが演じるとこうなる」と言う、動きに美しさを感じますぴかぴか(新しい)
猿之助さんも、猿翁さんの芸を確かに受け継いでおられるということ、サービス精神が旺盛なこと、鍛え抜かれた動き、そして何とも言えない愛嬌、これらのものを兼ね備え、亀次郎時代からさらに飛躍された感じで、お客さんも、大喜びグッド(上向き矢印)
最後はスタンディングオベーションのカーテンコールexclamation×2
歌舞伎で、お客さんがここまでエキサイトしているのは初めて見たような気がしますひらめき

番附.jpg


番附も結構高い(1600円がく〜(落胆した顔))ので、初めは買うかどうしようか迷ったのですが、中日を過ぎているので舞台写真が載っているし、やっぱり記念に買っておこうと、張り込みました手(グー)
上のページの写真は、その『義経千本桜』のページで、ところどころに置いてある桜の花びらは、最後に猿之助さん演じる源九郎狐が宙乗りをして引っ込む時に、上から降ってきた花吹雪の花びらです。皆さん帰り際に、拾ってらしたので、私もミーハーよろしく拾ってきました(笑)

開演前には、久しぶりに秀太郎さんにも面会し、結構ゆっくりお話しできたので嬉しかったです。
秀太郎さんは、父とも懇意でしたし、私が初舞台の時にご一緒させて頂いたので、本当に長いお付き合いです。
一緒に写真を撮るのを忘れたのがちょっと残念ですが…バッド(下向き矢印)

あまりに楽しかったので、気をよくして、来月の花形歌舞伎も観に行くことにしました。
2月の松竹座は、片岡愛之助さんを座頭とした若手の方々の歌舞伎で、お昼は『新八犬伝』、夜は『GOEMON』で、ともに新作歌舞伎。
【宙乗りのつづら抜け】というのを、まだ見たことがないので、夜の『GOEMON』を観に行くつもりです目

2月花形歌舞伎@.jpg  2月花形歌舞伎.jpg
posted by きょうふみ at 23:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

豊田家住宅

先日の倉吉の落語会の会場である豊田家住宅(とよたけじゅうたく)は、鳥取県倉吉市にある歴史的建造物(民家)で、国の登録有形文化財に登録されている、とっても立派なところでしたぴかぴか(新しい)

昼夜の間に、あちらこちらを見学させて頂きました目

豊田家住宅@.jpg
中庭?

豊田家住宅A.jpg
これだけ大きな丸窓はなかなか他にはないそうです

豊田家住宅B.jpg
蔵で、扉が2つあるのがわかりますか?儲かって増築したからだそうです

豊田家住宅C.jpg
二階から見た中庭

豊田家住宅D.jpg
左の黒檀の柱。とてつもないお値打ちだそうですexclamation

豊田家住宅E.jpg
桐の一枚板の欄間。模様も貼り付けでなく浮き彫り。天井は屋久杉だったかな?

豊田家住宅F.jpg
TVでも取材された、明治時代の金庫


道中にて.jpg
おまけの、倉吉に向かう道中で撮った紅葉

なかなか、こんなに立派なところで落語をやらせて頂く機会なんてなく、貴重な体験をさせていただきました..\(@^o^)/..
その上、目の保養までさせていただき、とても楽しい倉吉でしたるんるん
posted by きょうふみ at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

風流

昨日9月30日は、中秋の名月だったそうですが、前年ながら、私の住む交野では、台風の影響で月を見ることはできませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

そうなることは予想できたので、まず前日に小望月をパチリカメラ
と、言っても雲も多く、雲間から除いたところを撮りましたひらめき
因みに、今回はあえて、ソフト等で色の修正・補正などはせず、そのままUPしています。

小望月.jpg
『小望月』E-PL3 ED40-150mm f.4.0-5.6R ISO800


そして、今日の十六夜です。

十六夜1.jpg  十六夜2.jpg
『十六夜1・2』E-PL3 ED40-150mm f.4.0-5.6R ISO1600


十六夜3.jpg
『十六夜3』FINEPIX 1/170 F5.1 ISO400


まぁ、練習に、と思っての撮影なので、三脚も持ち出さず、ベランダから張り出した屋根の上で撮ったので、少しブレ気味ですが…ふらふら

風景と一緒に撮ろうと思うと、もう少し技術とかがいる分、楽しみも倍増なんだと思いますが…。

それにしても、月の月齢に応じた呼び方にはいろいろあって、面白いですねexclamation&question
こういうのを楽しむ心をどこかに忘れてこないようにしたいですねexclamation&question
posted by きょうふみ at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

早速!

昨夜はカメラE-PL3の取扱書を見たり、カメラを触ってみたりで、今日はすっかり寝不足ですあせあせ(飛び散る汗)

で、今日は、おまけに貰ったボディージャケットを装着してみましたグッド(上向き矢印)
インターネットではなく店頭で買った理由の1つに、このカバーがあったのです。
一応、店頭限定で、買ったお店にはまだ在庫があったこと。大阪のおばちゃんは、なんといってもおまけに弱いのです(^^;

ボディージャケット.jpg


このカメラの前のモデルまではグリップがついているのですが、このカメラにはグリップがついていません。
でも、ジャケット(カバー)を着けていると少しは手に馴染む感じがしていいように思いまするんるん

あとは液晶の保護フィルムもあった方がいいかな?
それから、余裕ができたらもう1つ、2つはレンズも欲しいけど、カメラを買うほど高いから、当分は無理かな?
まぁ、そう思ってダブルズームキットを買ったから、次のことはこれを使いこなせるようになってからにしようっとexclamation

写真の編集(トリミングやサイズ変更)も、付いてたソフトが結構役に立っています手(チョキ)
パソコンには「フォトショップ」とかいう人気のソフトが付いてていましたが、私には高度すぎるのか、どうにも使い勝手が悪かったので、助かりましたグッド(上向き矢印)

で、早速、練習に庭の桔梗を撮ってみましたカメラ

庭の桔梗.jpg


まだ、なかなか思うようには撮れないけど、焦らず少しずつ、楽しみながらカメラに慣れていけたらと思っていますわーい(嬉しい顔)
posted by きょうふみ at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

ついに!

新しいカメラを買いましたカメラ

E-PL3.jpg


少し前から、デジタル一眼カメラが欲しくなり、女性向けの軽いカメラで何かいいカメラはないかといろいろ調べてみました。
そして今は、デジタル一眼カメラにもいろいろあり、ミラーレスというとてもコンパクトなカメラがあることを知りました。
さんざん悩んだ結果、OLYMPUS(オリンパス)のPENシリーズから、PEN Lite(E-PL3)のレッドを選びました。

インターネットで買うことも考えましたが、やはり店頭で店員さんに相談したりできる方がいいと思い、カメラ専門の大手チェーン店で購入しました。
いろいろ特典もあり、結構お得に買うことができました手(チョキ)

それにしても、カメラを手にしてびっくりw(@@)w
か・か・軽いexclamation×2
昔、アナログの一眼レフカメラを使っていましたが、全然違いますあせあせ(飛び散る汗)
ずいぶん長くカメラから遠ざかっていたので、使いこなせるかどうか、少し不安ですが、少しずつ思い出して楽しみたいと思いまするんるん
まぁ、思い出すと言っても、アナログとデジタルで全く違うので、新しい世界にチャレンジといった感じが強いですが…。

とりあえず、子供・妹ちゃんの卓球の写真を撮りたいと思っていますグッド(上向き矢印)
あと、手作りおやつや、いろいろな小物を撮ることが多いので、マクロコンバータは取り急ぎ必要かな?
posted by きょうふみ at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする