2013年07月10日

抜釘手術

一昨年の11月に、右足首を脱臼骨折したのですが、その時に固定するために入れたプレートとスクリュー(釘)を、昨日、抜きましたexclamation
手術は2時間ちょっとで順調に終わりました手(チョキ)
心配していた麻酔から醒めた時の吐き気も全くありませんでした。
流石に、少し痛みはあり、痛み止は貰いましたが…あせあせ(飛び散る汗)
「抜いたプレートとスクリューはどうしますか?」と聞かれたので、記念に貰いました。

PicsArt_1373432778059.jpg

前は骨折しての手術だったのであまり感じなかったのですが、今回は痛くも何ともないところを手術したので余計に痛いような気はしますが…ふらふら
とりあえずは、経過は良好のようですわーい(嬉しい顔)
posted by きょうふみ at 15:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

抗がん剤、第2段階突入!!

風邪のため、1週間延びましたが、一昨日から無事、第2段階に入りましたexclamation

前回までは「アドリアシン」と「エンドキサン」と言う抗がん剤でしたが、今回からは「アブラキサン」と言う抗がん剤です。
白く濁った点滴薬で、5分おきぐらいに薬を振らないと詰まってしまい、点滴薬が落ちにくくなってしまうので、しょっちゅう看護師さんが見に来ます。
「なんやったら、紐でもつけて貰ったら、自分で振りますけど?」なんて、言って笑いながら点滴してましたわーい(嬉しい顔)

この「アブラキサン」の副作用は、関節の痛みや筋肉痛、指先のしびれ等が主な症状で、7割ぐらいの確率で出るそうです。
2日くらいたってから出始めることが多いようなことを看護師さんから伺いましたが、昨日の夜あたりから、何となく怪しくなってきましたがく〜(落胆した顔)
今朝は、もうなんだかあちこちの節々がギシギシ言って、痛いというか、だる痛い?と言う感じです。
その他、気のせいかもしれませんが、胸の傷まで痛むような気がします。
また、味覚に対する反応も今回は早いようです。舌触り(触感)が悪く、味がわかりにくく、なおかつ、いつも口の中に苦みがありますもうやだ〜(悲しい顔)
今日は、初めての副作用で、体も慣れないので、1日休んでいましたが、明日は仕事(専門学校の日舞講師)だし、この状態にもなれるようにして行かなくちゃいけないので、少し気持ちをシャキッと持って、がんばりたいと思います手(グー)

また、この抗がん剤が終わってから「ハーセプチン」を始めるのだと思っていたら、どうやら、途中から並行して始めるらしいです。
抗がん剤は4月には終わるし、ハーセプチンも少しでも早く始まったら、それだけ早く終わるわけだし、すべてが順調にいけばいいなぁ。
ハーセプチンは、副作用もほとんどないと聞いていますので、今年ほど、春の訪れが待ち遠しい年はありませんo(^^)o
posted by きょうふみ at 16:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

抗がん剤治療、第一段階終了!

「アドリアシンとエンドキサン」と言う抗がん剤を3週に1回×4回と言うのが、最初の抗がん剤のクールで、昨年の9月の末から始まったので、本当なら順調にいけば、11月いっぱいで終わるはずでしたが、仕事の都合で1回スキップし、白血球が下がって1回スキップ、そこへ年末年始があったりで、1月頭までずれ込んでしまいました。
副作用としては、脱毛・発熱・吐き気・倦怠感・白血球の減少、などがありますが、比較的楽で、発熱は1度もなく、吐き気は、時折少しありましたが、吐いたことは1度もありませんでした。
脱毛は流石に避けて通れず、今はウイッグライフを満喫しています。
白血球が減少すると、増やすための注射をするのですが、それも、減り方が著しいと3日続けてしなければならないのですが、1日で済んだり2日で済んだりで、3日続けてすることはありませんでした。
回数を重ねる(後になる)ほど、しんどいと聞いていましたが、3回目が一番しんどくて2日ぐらいダラダラと寝て過ごしました。
4回目は、少し間隔があいていたせいか、それほどしんどくもなく、吐き気も今までで一番なかったくらいでしたグッド(上向き矢印)

そんなこんなで、一区切りと言うところで、胸のレントゲンと3種類?の癌マーカーの検査。
どれも異常なし。次からは「アブラキサン」と言う抗がん剤治療に入りますexclamation
これも、3週に1回×4回で、順調にいくと4月のはじめくらいで終わる予定です。
ただ、これは、副作用に手足のしびれや痛みが出る可能性があるとのことなので、できるだけ、副作用が少ないよう祈るばかりです†m(−−)

あと、手術後の傷口周辺は、まだ痛みや違和感がかなりあります。
私の場合、皮膚欠損ん(と言うか、傷口が開いたというか…〉がありましたし、腫瘍が大きかったため傷口が大きいということもあり、お医者さん曰く「(普通になるまでに)まだしばらくはかかるなぁ〜」とのことでした。
でも、日常生活にはほとんど支障はないので、問題なしです手(チョキ)

そして「アブラキサン」が終わったら「ハーセプチン」の予定です。
この「ハーセプチン」に関しては、またその時に書こうと思いますが、1つだけ書いておくと、先日始まった〔ラストホープ〕と言うドラマ(嵐の相葉君が主演のドラマ)の1回目に出てきてましたねぇ〜exclamation&question

ともあれ、今のところは、そこそこ順調な闘病生活なのでありましたわーい(嬉しい顔)
posted by きょうふみ at 22:25| Comment(10) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

ついに来た・・・(><)

9月28日から抗がん剤投与(点滴)が始まりましたexclamation
少し心配していた副作用は、点滴の中に吐き気止めも入っているし、飲み薬の吐き気止めも処方されていたおかげもあってか、はたまた1回目だから軽かったのか、むかつきや吐き気はほとんどありませんでしたグッド(上向き矢印)
「しんどい・だるい感」は少しありましたが、もともと自己免疫性肝炎を持っていて、結構、だるい・しんどいには慣れていたので、これも、それほど辛くはありませんでした。まぁ、なんだかんだと言って結構横にはなっていましたし、1週間がピークと聞いていて、確かに1週間が過ぎると、かなり楽になったので「やはりしんどかったんだ」と後で実感しましたあせあせ(飛び散る汗)

また、白血球が下がるということでしたが、1週間後の採血の結果では、抗がん剤投与前からの風邪気味のせいもあってか、白血球はあまり下がっていませんでした。
基本的には2週目あたりでガクッと下がる、ということだったのですが、今日に検査結果でも、比較的緩い下がり方だったため、白血球を上げるための注射は2回でいいとのことでした。(最大3日連続で注射しなくてはいけないこともあるそうです)

ですが・・・、ついに来ました、一番顕著な副作用が…。バッド(下向き矢印)
脱毛ですもうやだ〜(悲しい顔)
昨日あたりから、少し「もしかしたら…?」という感じはあったのですが、病院の待合室で、少し先輩の患者さんにお聞きしたところ「ちょうど3週間目だった」と仰っていたので、どうかな〜?と思っていたのです。
が、今日、夜お風呂でシャンプーをした途端、抜ける、抜けるがく〜(落胆した顔)
2・3週間たった頃から、ということでしたから、そんなもんでしょう。
どんなふうに抜けるのかな〜?と思っていましたが、やはりイメージ通りの「お岩さん的抜け方」でした。
と言っても、【四谷怪談】のお芝居をご存じない方には分からないかもしれませんが(^^;
今のところ、まだ髪は結構残っていますが、う〜ん、どれくらいで全部なくなるんでしょうねぇ?
とりあえず、明日から、ウイッグのお世話になろうと思っていますわーい(嬉しい顔)
posted by きょうふみ at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

抗がん剤治療開始!

明日、第1回目の抗がん剤投与(点滴)の予定です。

乳がんの場合(他の癌のことはよく知らないのですが)癌を切除をした後、その癌細胞の病理検査の結果に従って、再発・転移予防の治療が行われることがほとんどのようです。

治療には、いわゆる【放射線治療】【化学療法(抗がん剤)】【分子標的薬(ハーセプチン)】【ホルモン療法】があるのですが、私の場合、膠原病があるので放射線治療ができないので、まずはそれは除外なのですが…。

で、私の病理検査の結果、Luminal(ルミナール)Bタイプということで【放射線治療】以外の治療をフルコースでしなけらばならないそうです。
また、総合的に数値などを見ると、再発・転移の確立が少し高いらしいです。まぁ、数値や確率のことは、あまり気にしていません。ようは「なるか、ならないかは五分五分」と考えていますので。
それに、初めから悪いという前提で、フルコースの治療をしておけば、それなりの結果が得られるのではないかと思うからです。
それと【抗がん剤治療】をすると言っても、基本的には予防と言うか、もしかして、もしかしたら、まだどこかに潜んでいるかもしれない癌細胞をやっつけることが目的なので、今すでにある癌細胞(腫瘍)をやっつける抗がん剤治療とは少し違うようです。

ただ、乳癌の抗がん剤治療は、かなりの確率で髪の毛が抜けるらしいので、先日、ウイッグを購入してきましたexclamation
出家してクリクリ坊主になった姪っ子弟子の団姫ちゃんに、団姫ちゃん御用達のお店に連れて行って貰い、まずは、落語をする時用のものを購入。と言っても、普段も使用できない訳ではありませんが(^^;
少し様子を見て、普段用の少〜し、おしゃれな感じのも購入しようと思っていますぴかぴか(新しい)
本当は、ウイッグをつけた(かぶった?)写真をUPしようかと思ったのですが、たぶんおしゃれ版も購入すると思うので、それからUPします(^_-)-☆
とりあえず、ウイッグの写真だけ載せておきます。これだけ見ると、結構おしゃれに見えるのですが、かぶるとなかなか笑えるかもexclamation&question

落語用ウイッグ.jpg


今の段階では、副作用には個人差があるということなので、どれくらいしんどいのかとか、わからないことが多いので少し不安な面もありますが、まぁ、今の時代、かなり多くの方が経験していらっしゃることなので「下手な心配休むに似たり」と思い、とりあえず、明日行ってきますダッシュ(走り出すさま)

※一応、私なりに勉強?して書いていますが、勘違いや間違っていること等があれば、お許しくださいm(__)m
posted by きょうふみ at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

出血大サービス!?

これから時々(どんなふうになるかわかりませんが)、乳がんの治療や経過を、少しずつ記していこうと思っています。同じ病気を持つ方の参考や、励ましになればいいかな?という思いからのことですが、興味のない方は、スルーしてください。

やはり膠原病の影響もあってか、どうも傷の治りが悪いようです。
私は全摘出なので右胸に真一文字に、結構長い傷があるのですが、その真ん中辺りでしょうか、「皮膚欠損」があるということで、縫い目?とその周辺が赤茶色く、まぁ、チョット瘡蓋のようになっていました。
8/1(水)に“傷チェック”に行った時には若い男先生が「もう少ししたらこれをはがして、新しい皮膚ができるのを待ちます」と言って、塗り薬を処方してくれました。
そして今日、また“傷チェック”に行ったら、入院中からの主治医の女先生が、「このままだと新しい皮膚ができないから、はがします」と、それをハサミでチョキチョキと切ってはがし始めるではありませんかがく〜(落胆した顔)
「男先生、たしかもう少ししたらって言ってたと思ったけど、もうはがすんや〜あせあせ(飛び散る汗)
女先生、処置を終わって「今は、少し血だらけみたいになってるけど、大丈夫だから。お風呂のあととかに、また薬塗っておいてね」私「え?お風呂?」女先生「まだ入ってないの?」私「ハイ、シャワーだけで…」女先生「もういいよ、入ってexclamation」って、いつから入ってよかったんやろ(・・? こういう大きい病院(私が行っているのは医科大学付属病院)って、処置とかやと、その時によって先生が違ったりするから、伝達事項が行き届かなくて不便です〜バッド(下向き矢印)

退院後、傷口から体液が染み出したことも手伝って、傷のことが気になりリハビリもスローモードだったのですが、積極的にどんどん動かすように、とのこと。
でも、血だらけって言われたら何となくこわくて…ふらふら
それでも、明日からは、気を取り直して、頑張ってリハビリしなくちゃ〜手(グー)
手がちゃんとあがらなくなったらイヤだもんねexclamation&question
posted by きょうふみ at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

退院とガチャピン&ムック

おかげさまで、順調に24日に病院を追い出されましたexclamation

外のあまりの暑さに、できればもう2・3日病院でゆっくりしたかったのですが、病院側の都合もあり、最終的にはバタバタと退院と言う事になりました。

そして、今日はその翌日。

何度かここにも書いていますが、私は持病の膠原病と自己免疫性肝炎のため、ステロイドを服用しています。
最近、病状が少し不安定になったため、量が増えて、チョット多い目なんです…(´ω`)
その副作用のせいもあって、汗のかき方が半端ありません(><)
今朝、チョット植木の水やりをして、花がらを摘んだりしただけで、水をかぶったほど汗びっしょり。
で、ふと見ると、術後の処置のためにガーゼを固定してある防水のフィルムがパカパカ外れかかってるではありませんかw(°0°)w
慌てて、病院に電話したところ「今から来てください」とのこと。
元々、明日には予約が入っていたので、1日繰上げと言う事なんですが、昨日退院したとこなんですけど…、って感じですあせあせ(飛び散る汗)

それでも、緊急扱いにしてくれたのか、ほとんど待ち時間もなく、すんなり診察と言うかガーゼ交換というか、傷口チェックとフィルム貼り替えだけですんなり終わりましたグッド(上向き矢印)

帰りには、リハビリ用のにぎにぎボール用に何かいいものは無いかと100均に寄ったところ、いいものがありました手(チョキ)

ガチャピン&ムック.jpg


一応、ガチャピンとムックと言う事らしいです。
病院で借りていたのよりは若干硬いかも?と言う感じですが、これなら、必要なくなったら誰かにあげられるかな?と…。
とりあえずは、明日からTVでも見ながら、ガチャピン&ムックをにぎにぎするぞ〜手(グー)
posted by きょうふみ at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

退院の予定

image/2012-07-22T14:19:47-1.jpg
写真は病院6Fにある、中庭?です。
気候のいい時は、散歩をしたり、(通院時)院内のコンビニで買った食事を食べたりしますが、こう暑いと、そんな気もおきませんね〜!?

さて、私の退院予定ですが、手術後、母は「早ければ日曜日にも退院」と言われたそうですが、少し延びています。

詳しいことは書いていませんでしたが、前に少し書いたように、私は乳癌の手術をしました。
膠原病の持病があるので、放射線治療ができないため、右乳房全摘出でした。
その為、ドレーンと言う、言わば体液が体内に溜まらないように体外に出すための管が、付けられています。
その管が、早ければ20日(金)に抜けるところだったのですが、腫瘍が少し大きかったせいか(よくはわかりませんが)傷が大きいため、体液の排出量が思ったよりもなかなか減らず、明日までお預けになってしいました(´ω`)
抜ければ、翌日もしくは翌々日に退院できるとのこと。

家に帰るより、病院に居る方が、絶対楽なので、慌てて退院しなくてもいいのですが、そうばかりも言ってられません。
という訳で、24日か25日には退院と言うことになりそうです!
posted by きょうふみ at 21:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

引っ越しました!

image/2012-07-19T09:51:59-1.jpg

と言っても、家ではなく病室を、です!

実は、今回は乳癌なので婦人科病棟に入るべし、だったのですが、ベッドの空きがなく、消化器病棟に入っていました。
でも、リハビリやその他いろいろな事を考えると「やっぱり婦人科病棟がいいなぁ、空かないかなぁ?」と、思っていたところ、手術前に、「明日の午前中に移って頂きます」との連絡がありました(^^)v

実は2年前に肝生検で入院した時が、本当は消化器病棟に入るべし、だったのに、空きがなく、婦人科病棟に入っていました。
今回はその時入っていた部屋のお隣の部屋。
2年もたつと知ってる看護師さんもいないけど、それでも何となく懐かしい(*^_^*)

手術はすべて順調だったようで、3時間の予定が2時間半ですみました。
リンパへの転移も今のところ見られず、術後も順調のようです\(^O^)/

ご心配頂いた皆さま、本当にありがとうございましたm(__)m
posted by きょうふみ at 09:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

ガーン(οдО;)

image/2012-07-17T09:14:29-1.jpg 病室の窓から

私のもう1つのblog『QUE SERA SERA』には、少し前に同じタイトルで書いているので、それを御覧の方はご存知だと思いますが、私は乳癌です。

先週の金曜日から入院して(と言っても、土・日は外泊で自宅に戻っていましたが…^ロ^;)、今日、手術します!
何が不安って、空腹に耐えられるかどうかです!
夕方の18:00過ぎからの手術で、昨日の夕飯を18:30頃に食べ終わり、それからずっと絶食(´ω`)
今日のお昼までは少量の水はOKですが、お腹がいっぱいになるほど飲めず、すでにお腹はペ〜コペコ(ノд<。)゜。
お腹が減りすぎて暴れたらどうしましょ!?

冗談はさて置き、私はクリスチャンなので、手術や病気そのものに対する心配や不安・恐れなどは全くと言っていいほどなく、周りの聞いた方の方がショックをうけておられたりしています(;^_^A
ですから、タイトルは私の気持ちではなく、御覧になった方の気持ちと言うことで…(^^ゞ

「のんきに陽気にケ・セラ・セラ」が私の身上ですから、こんな中でもネタを1つでも拾っておこうと思っています(^.^)b
どっちにしても夏は暑いので、少しゆっくりさせて頂きま〜す(^O^)/

*病気の詳しい経緯などは『QUE SERA SERA』の6/14の記事を御覧くださいm(__)m
posted by きょうふみ at 09:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする