2011年03月16日

元気を出そうp(^^)q

震災後、松山千春さんがラジオか何かで、
  知恵がある奴は知恵を出そう。
  力がある奴は力をだそう。
  金がある奴は金を出そう。
  『自分は何にも出せないよ・・』っていう奴は元気出せ。

と言うような発言をされたと聞きました。

私たちにできることはまさに、その元気を出すお手伝いをすることだと思います。
その為にはまずわたし自身が元気じゃないとダメなんですけど(^^;

こんな時に?こんな時だからこそ!?

皆さんに楽しんでいただけるよう、芝居の稽古に励んでいます手(グー)
といっても、小文吾師匠が米子からそうちょくちょくは出てこられないので、飛び飛びなんですが…あせあせ(飛び散る汗)

          宝塚新芸座思ひ出公演.jpg

   ただ今稽古中1.jpg   ただ今稽古中2.jpg

左の写真の右端にしゃがんで台本を見ている方、右の写真の真ん中の方が、演出の紅萬子さんです。
随分前に、私が仲間とやった自主公演の演出をしていただいたり、TVドラマの大奥に出演した時には、かの東映で光栄にも2人部屋でご一緒させていただいたり、何かと接点のある、尊敬する、大好きな先輩ですぴかぴか(新しい)

笑ってほっこりできる、昔懐かしい匂いのする、温かいお芝居なのでぜひ見に来てくださいネexclamation×2

詳細は3月6日の日記(http://fumikyou.seesaa.net/article/189298508.html)をご覧ください。
また、あわせて4月16日の落語会のほうも、ぜひお越しくださいませm(__)m

          宝塚新芸座ゆかりの落語会.jpg
     http://fumikyou.seesaa.net/article/189298508.html
posted by きょうふみ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

新芸座思ひ出公演

             宝塚新芸座思ひ出公演.jpg

先日は落語会のご案内をしましたが、私と小文吾師匠はお芝居のほうにも出演させて頂いております。
こちらは2回公演です。

     【日時】 2011年4月17日(日)  @午前11時〜 A午後2時〜
     【会場】 宝塚文化創造館 1階講堂ホール
     【入場料】2000円(前売・当日共)


本当なら、元劇団員の方々だけで公演ができればよいのでしょうが、なかなかそうもいかず、元劇団員プラスゆかりの方々の出演と言う事で、こちらの方にも出演させて頂くことになりました。
父が生きていたら喜んで出演したんでしょうけどねぇわーい(嬉しい顔)

お芝居は、『粉雪の村』(作:花登筺/演出:紅萬子)で、小さな村の助役さんの妻と言う役です。
で、先日初めての顔合わせ&読み合わせと軽い稽古がありました。
稽古に行ってみてわかったのですが、お芝居だけだと思っていたら、フィナーレのようなものがあり、『河内まめかち音頭』と言うのも踊らないといけないということで、結構苦労しています(^^;

次のお稽古は、小文吾師匠が来阪できる予定にあわせて、今月中頃。それまでに少し台詞も覚えなくちゃ〜手(グー)

           新芸座思ひ出公演jpg.jpg
posted by きょうふみ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

終わりました!

10月23日(土)に、かねてお知らせしていました『恋慕』、無事終えることができましたわーい(嬉しい顔)

久々のお芝居(舞台)だったような気がするのですが、本当に、楽しかったです手(チョキ)
予告どおり、これまた久々の白塗り(芸者)で…(^^;

                コロコロ芸者.jpg

でもって、由紀子・たか志師匠とも一緒にパチリカメラ

            由紀子・たか志師匠と.jpg

舞台に出る時は少しでもシュッとして芸者に見えるよう、下駄を履いて出ましたダッシュ(走り出すさま)

1日で、仕込み(舞台の準備)をやって(私がやったわけではありませんが…)、本番2回なので、通しの舞台稽古もできずじまいでしたが、皆さんの気力とパワーとチームワークで面白い、素敵な舞台に仕上がったみたいですグッド(上向き矢印)

でも芝居の余韻もほどほどに、そろそろ次の《ワンコイン寄席》に向けて気持ちを切り替えなくては手(グー)
(10月3日 http://fumikyou.seesaa.net/article/164548551.html 参照)
よければ、皆様、こちらも是非見に来てくださいませm(__)m
posted by きょうふみ at 21:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

《恋慕》

早いもので10月ですexclamation×2

今月は久々に芝居に出ますわーい(嬉しい顔)

    日時/2010年10月23日(土)
       @ 15:00〜 A 18:30〜 (いずれも30分前開場)

    前売/2500円 当日/3000円  中学生以下/1500円 (全席自由)

    於:大丸心斎橋劇場

        恋慕(表).jpg   恋慕(裏).jpg

伊藤友紀子プロデュース公演となっていますが、彼女も私と同じ、女優さんとしての名前と芸人さん?(エンターティナー?)としての名前を持っていて、リンクのところにある“ゆき葉”=伊藤友紀子さんですぴかぴか(新しい)

私の出番は少しですが、楽しんでできる役なので楽しみですわーい(嬉しい顔)
それに、同じシーンではないけど、由紀子・たか志師匠とご一緒できるのとても楽しみです黒ハート
由紀子・たか志師匠とは今年の3月に、父の追悼公演で久々にお目にかかって話が弾んだのですが、それが今度は舞台でご一緒できるなんてビックリするやら嬉しいやらグッド(上向き矢印) ( http://fumikyou.seesaa.net/article/143112761.html 参照 )

作・演出は、あの防災落語『木村さんちの防災』を書いてくれはった藤原伊織さんなので、これまた楽しみだし、桂文福師匠のお弟子さんの桂ぽんぽ娘さんのシーンも面白そうですexclamation×2

皆様、ぜひぜひ、お誘い合わせの上お越しくださいませダッシュ(走り出すさま)
お申し込み・お問い合わせは、いつものようにメールBOXか、コメント欄まで、よろしくお願いいたしますm(__)m
posted by きょうふみ at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

芝居がしたい!

今日は仲間が主宰する劇団のお芝居を見てきました目
あ、勝手に仲間呼ばわりしてますが、白雪亭の落語会でご一緒した役者さんで、普段はサラリーマンをしていらっしゃいますexclamation
劇団を立ち上げた途端に九州・大分に転勤になったのに、毎週末、大阪に帰って来て芝居の稽古をする、熱いハートの持ち主、松永泰明クンのお芝居ですexclamation×2
因みに彼は、あの“嵐”の桜井翔君と同級生?の慶応ボーイ黒ハート

劇団ぎぶあっぷ第1回公演『完熟☆ピーチボーイ』 −あのオニ退治から15年。みんな天寿を全うし、ボクは独りぼっちです

こんなタイトルのお芝居ですひらめき
詳しくは劇団H.P(http://321giveup.web.fc2.com)をご覧くださいわーい(嬉しい顔)
22日までやってますので、芝居好きな方はチェックですグッド(上向き矢印)

でもって、芝居は楽しかったです手(チョキ)
ウ〜ン、ある意味、皆さんアマチュアと言えばアマチュアなんだけど、そんな事関係なく楽しかったexclamation×2
昔は「私はプロだ」とか言う、自負心とかあったけど、最近は、そんな事、少しどうでもよくなってきた(^^;
「プロだ」と言っていても、関西じゃそれだけでお飯食べられない人もいるし(って言うか、それ、私…ふらふら)
「やりたい芝居をやりたい時にやる」
これってすごくエネルギーの要ること。
しかもこの不況の中、それはもう本当に大変もうやだ〜(悲しい顔)
でも、今日は、小さな会場に、ぎっしりのお客様グッド(上向き矢印)
ちょっと羨ましかったな〜あせあせ(飛び散る汗)
帰りに、調子こいて、やっぱり白雪亭で一緒だった、サンゾーさんや、制作の通称・店長さんに「芝居やりたいexclamation×2」って、熱く嘯いてきてしまったふらふら
今年か来年早々には、イッチョやるかな手(グー)(と、妄想は広がるばかり…^^;)

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村 ←ポチッとクリックしてください☆ヽ(▽⌒*)♪
posted by きょうふみ at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

遅くなりましたが…

お芝居『男と女のどんどこどん』、とりあえず何とか無事に終わりましたexclamation×2

柏原市での上演と言う事で、お客様は来てくださるのかな?と思っていたら、大入り満員。
でも、お芝居は最後だから、みなさん帰っちゃうんじゃないかと心配していたら、かなりの方が残ってくださり、ありがたかったです。
私の友人知人、母の知人も何人か来て下さり、そして母も見に来てくれて、嬉しかったですグッド(上向き矢印)
皆様、本当にありがとうございましたm(__)m

今回は、何が難しかったって、お化粧が難しかったです。
いえ、時代劇メイクは得意なんですが、役的に綺麗にした方がいいのか、少しおへちゃにした方がいいのか、すごく迷ったんです。
ま、地がこれなので、一応下の写真(舞台稽古の時に撮った写真)のような感じでやってみましたが…。

      サイズ変更白川明彦氏と.jpg     サイズ変更斉藤幸恵.jpg

        夫役の白川明彦氏と黒ハート     夫がちょっかいを出す織り娘の斉藤幸恵さん

いや〜、約30分の短い芝居でしたが、とっても楽しかったですわーい(嬉しい顔)
舞台はちょっと久しぶりだったので余計に楽しかったです手(チョキ)
今年は少なくとも秋ごろかな?に、もう1本、仲間のお芝居に出していただく予定です。
今度は多分現代劇だと思いますが、また思いっきり宣伝します(企画倒れにならなければ…ですが…あせあせ(飛び散る汗))ので、是非お越しくださいねm(__)m
posted by きょうふみ at 23:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

稽古場風景

今日は、朝から岐阜で福音落語を一席やって、大阪に舞い戻り、芝居の稽古ダッシュ(走り出すさま)

今日はお稽古だけじゃなく鬘合わせもあったのですが、車移動で時間が読めず、随分皆さんをお待たせしてしまいましたふらふら

で、とりあえずバタバタとお稽古あせあせ(飛び散る汗)
それでも今回は忘れずに写真を撮りました手(チョキ)

             浮気現場!?.jpg

今日は、男前の旦那さんの浮気現場exclamation&questionの写真ですカメラ
この旦那さん役の白川明彦さんは、妹(♪Sunny)の関西芸術座養成所時代の同期(歳はちょっと上です)で、以前から何度か舞台はご一緒しているのですが、夫婦役は初めて黒ハート
女優さんの方は、斉藤幸恵さんと言って、随分前に自主公演をやった時に父(五郎兵衛)の娘の役をやってくださった方です。
稽古場では本当に楽しく、わいわい言いながらお稽古していますわーい(嬉しい顔)
但し、いまだに台詞を覚えていないのは私だけで、そろそろお尻に火がついてきていて、そうのんきにワイワイ言ってる場合じゃなくなってきていますが…あせあせ(飛び散る汗)
posted by きょうふみ at 23:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

『男と女のどんどこどん』

    芸能サロン(表).jpg   芸能サロン(裏).jpg

4日から、お芝居の稽古が始まりましたexclamation
芝居のタイトルは『かわち歳時記』改め『男と女のどんどこどん』です。

お正月早々、男前の白川明彦さんと夫婦役で楽しくお稽古しています手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
お芝居に対して、私以外は皆さんはものすごく真面目で、真面目すぎるぐらいです(^^;
そんな中で私一人が台詞もまだ覚えていないのに、他の事をベラベラ喋っている、そんな感じです(^^;

お稽古と喋るのに忙しく、写真を撮るのを忘れていますが、近いうちに稽古場風景を撮ってきますねカメラ

おかげさまで、1月はこの24日のお芝居が終わるまでは、予定の入っていない日はほとんどないというくらい、毎日何かしら予定が入っています。
勿論、打ち合わせとか、松竹座の歌舞伎を観に行くのも含めた予定で、すべてが仕事と言うわけではありませんが…。
兎に角体調に気をつけて「走り出したのはいいけど、直ぐコケタふらふら」なんてことのないように頑張りたいと思っています手(グー)
posted by きょうふみ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

芸能サロン『かわち歳時記』

久々のお芝居ですexclamation×2
と言っても、関西の色々な芸能団体が集まって構成される《芸団協関西協議会》主催で行われる催しで、日本舞踊あり、謡曲(仕舞付)あり、常盤津あり、落語あり、講談あり、と本当に色々なものが見られるんです。
その中の《芸団協関西協議会企画公演》と言う事で、短いお芝居で、催しのタイトルと同じ題の『かわち歳時記』が上演されます。
出演者は、関西俳優協議会に所属する俳優で白川明彦・綾川文代・斉藤幸恵・中里ひろみ(敬称略)の4人で、私にとってはちょうどいい具合に先輩、同輩、後輩と入り混じり、気心の知れた楽しみなメンバーですわーい(嬉しい顔)
場所が柏原市民文化会館と少しなじみの薄いところですが、近鉄電車で鶴橋から30分ぐらいの近鉄安堂駅から徒歩5分だそうです。

来年のお正月早々からお稽古が始まりますグッド(上向き矢印)
登場人物が少ないと言う事は、当然台詞も多いので、皆さんの足を引っ張らないように頑張ります手(グー)
お芝居は、私の得意?な、喜劇っぽくて(ドタバタではないですよ)上方らしい時代劇ですわーい(嬉しい顔)

      芸能サロン(表).jpg    芸能サロン(裏).jpg

平成22年1月24日(日) 午後1時開演(午後12時30分開場)
            於/柏原市民文化会館リビエールホール
               入場料/前売 3000円 当日 3500円


お申し込み・お問い合わせは、コメント欄かメールBOXへお願いいたしますexclamation×2(初めての方はメールBOXへご連絡先を添えてお願いします。こちらよりご連絡させていただきます)
1人でも多くのお客様に来ていただかないとギャラが出ないかもがく〜(落胆した顔)なので、皆様どうぞぜひぜひ観に来てくださいませ(^^)/
posted by きょうふみ at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

すごい先の話

来年、久しぶりに《人権朗読劇》のお仕事をいただきました。
このお仕事は何故か波があり、立て続けにあるかと思うと、パタッとない期間が続くのですあせあせ(飛び散る汗)
で、夏ごろにちょっと営業(宣伝)に行った所に、秋に撮った朗読劇『天狗さんの話』の扮装写真を送ったところ、偶々かもしれませんが、すぐにお仕事が決まりました手(チョキ)
ただし、6月のお仕事です…(^^;
これを皮切りにどんどんお仕事来るといいなexclamation×2

     天狗さんの話@.jpg   天狗さんの話A.jpg
posted by きょうふみ at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

楽しかった名古屋

昨日(8/18)、名古屋での『落語を楽しもう!』と言う催しに参加してきましたexclamation×2(8月7日17日の日記参照)

まず初めに、桂都んぼ兄さんによる、落語の解説(と言っても、1席の落語みたいな感じ)

         桂 都んぼ.jpg

続いて関西俳優協議会(関俳協)の井之上淳くん『鉄砲勇助』
大熱演に大爆笑グッド(上向き矢印)本人も大満足exclamation&question

         井之上淳.jpg

次は、名古屋の方でお名前をお聞きしたのですが…、すみません、かすみさんという下のお名前しか覚えられませんでした(><)
ネタは『狸賽』

         かすみ.jpg

次は関俳協から白樫由紀子さんの『八五郎坊主』。落語が取り持つ縁でご結婚されたと言うほどの落語好きexclamation&question
可愛いはじけっぷりが魅力的ぴかぴか(新しい)

         白樫由紀子.jpg

続いて名放芸協の山本恭史さん。
名古屋弁で挑む『四人癖』
しぐさもバッチリで、さすがベテラン俳優さん手(チョキ)

         山本恭史.jpg

そして中トリでわたくし、綾川文代こと露のききょう。
『延陽伯』をやろうかと思っていたのですが、お子さんが結構いらっしゃったので『つる』に変更。で、やっちまいました(><)
下げ前で大トチリあせあせ(飛び散る汗)
何とかごまかして降りてきましたが、深く反省。
常日頃のお稽古不足が不測の事態を招いてしまいましたふらふら情けない…もうやだ〜(悲しい顔)

         ききょう.jpg

中入りの後、名古屋の重鎮、白濱洋介氏登場exclamation×2
人前で落語をされるのは初めてとのことでしたが、枕もバッチリで、本職裸足exclamation&questionで、堂々の『子ほめ』でしたわーい(嬉しい顔)(写真が上手く撮れてなくてごめんなさいバッド(下向き矢印))

         白濱洋介.jpg

続いて、関俳協の都築俊さん。
先月、私の地元の関係のデイケアハウスにボランティアで行った時、披露してくれた『代書屋』。
昨年も『七度狐』で参加しただけあって、安定感のある高座グッド(上向き矢印)

         都築 俊.jpg

で、大トリが、再び登場の都んぼ兄さんで『かけとり』。
このネタは、父が毎年年末に繁昌亭でやっていたネタで、興味深く拝聴。
さすが、お客様も納得も得心もする噺で、「ああこれぞプロexclamation×2」の1席でした。
お兄さんは、午前中のワークショップからで、しかも、ずっと鳴り物もやってくださり、本当にお疲れ様でした&ありがとうございましたm(__)m

それから、お三味線の北本二三代師匠と、鳴り物のお手伝いの桂とま都くんもお疲れ様でしたexclamation×2
因みに、わたしの出囃子を聞かれたので「本当は“ケ・セラ・セラ”ですが、別に何でもいいです」と伝えたら、やはりこちらもプロの北本二三代師匠、バッチリひいてくださいました手(チョキ)

しかし、コレだけのラインナップが500円とは、お客様も、堪能された事でしょう。
今年は、お客様も昨年よりもたくさんお越し頂いたそうで、会館の方もたいそうよろこんでいらっしゃって、来年も是非ひらめきと言うような話になってるらしい…exclamation&question
ついでに、来年の打ち上げは都んぼ兄さんの米紫襲名祝いも兼ねてやるという案まで飛び出していましたあせあせ(飛び散る汗)
関西でも、名古屋でも、出たい人が増えてきて、大変な事になりそうがく〜(落胆した顔)
打ち上げの時に「ぜひ関西でもexclamation」と言う話も出ていたので、実現すればいいのになグッド(上向き矢印)
posted by きょうふみ at 15:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

明日は名古屋o(^-^)o

明日は、名古屋で落語会、ですが…。(http://fumikyou.seesaa.net/article/125239072.html
周りは都んぼ兄さん以外は皆俳優さん。
それも、半分は名古屋の方々。
先日の白雪亭はお稽古も参加させていただいたりしたので、それほど緊張感とかはなかったのですが、今回は何か勝手が違うので、少し緊張しますexclamation×2
多分行ってしまえばそれほどのことはないと思うのですが…(^^;
関西勢は、普段一緒に落語ワークショップをやってるメンバーなので、それも心強いですわーい(嬉しい顔)

と言いながら、まだ何を演るか決めていないわたし…ふらふら(おいおいたらーっ(汗)
レパートリー(いわゆる持ちネタ)の中から3つばかり候補は挙げているのですが、どれ、と決め手がなく、決めあぐねていますあせあせ(飛び散る汗)
毎日落語を演っている、本職の方がたは、そういう中から高座(特に定席=繁昌亭等)に上って、お客さんの顔を見て「よし、今日はこのネタで行こうexclamation」と決めたりされるのですが、私の場合、一応、心づもりをして、ネタをくって(稽古して)おかないと、少しばかり不安…バッド(下向き矢印)
まぁ、名古屋の方が何をやりはるか聞いてないので、やはり、今思ってる3つをシュミレーションしておいたほうがいいのかな?
まぁ、この3つの候補に関しては、迷いながらも、ここ数日くってたから、大丈夫でしょう(^^;
それでは、今から衣装の準備をして、明日に備えます手(グー)
posted by きょうふみ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

8/18 名古屋の詳細

7月31日(http://fumikyou.seesaa.net/article/124652127.html)に書きました、名古屋の詳細が、少しわかりましたexclamation×2
やはりお昼でしたバッド(下向き矢印)

《落語を楽しもう!〜桂都んぼ師匠の「ワークショップ」と「落語会」〜》(と言うタイトルの催しのようですexclamation×2

場所   名古屋市北文化小劇場【ホール】

時間   一部 桂都んぼ師匠の「ワークショップ」10:30〜12:30/二部 「落語会」14:00〜16:00(私はこれに出演します)

入場料  一部「ワークショップ」高校生以上1000円 中学生以下無料/二部「落語会」一般500円 中学生以下300円

で、この二部の落語会が普通の落語会じゃなくて、俳優さんが演じる?落語会で、ゲスト(プロ)として都んぼ兄さんがではりますexclamation×2
私は…、一応、俳優側なのかな〜(・・?
良くわかりませんが…(^^;

あ、これはまた《白雪亭》とはぜんぜん違って、結構オーソドックスな感じで、関西の俳優さん・3人は皆、古典落語を演ります。
私も、古典落語の予定です。

平日の昼間なので、ちょっと誰でも来ていただくと言う訳にはいかないかもしれませんが、安いので、夏休みでお暇な方とかいらしたら、是非お越しくださいm(__)m
posted by きょうふみ at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

白雪亭寄席・御礼(加筆・修正あり)

お越しくださいました方々、並びに遠くから応援してくださいました方々、本当にありがとうございました。この場を借りて厚く御礼申し上げますm(__)m

それにしても、いやぁ、楽しかったですexclamation×2

29日のあと、31日もリハーサルに行ったんですけど、やはり全貌は明らかにならずじまい…。

で、本番当日。
皆さんはうんと早くからいらして、設営準備手(グー)
私は、一応ゲスト扱いでゆっくり(お昼頃)でいいと言ってくださったのですが、山台・緋毛氈・見台・座布団をお貸しする事もあり、気持ち早い目(11時過ぎ)に会場へ車(RV)ダッシュ(走り出すさま)
こじんまりして、寄席にはちょうどいい感じexclamation×2
定期的に寄席をやってもいいかもexclamation&questionなんてわあわあ言いながら準備して、お昼を食べて、お化粧して着替えたら、いつの間にかほぼ開演時間るんるん
皆さん「緊張してきたたらーっ(汗)」とか「滅茶苦茶緊張してきたあせあせ(飛び散る汗)」とか言って、うろうろされ、それだけで見てるこっちが緊張しそうな感じ…(^^;

言ってる間に、トップバッターexclamation
西部警察落語「大門くん」 白雪亭桃太郎(鬼無桃太郎)
        桃太郎.jpg

夜のトップは、音楽ゲストの濁音さんるんるん
昼は中入り後で登場exclamation×2
いやぁ〜、さわやかな青年お二人で、アイルランド民謡を中心に?素敵な音楽を演奏してくださいましたわーい(嬉しい顔)
さすがに山台の上で正座して演奏されるのは初めてのようでしたが…(^^;

曲目は、お昼が〜
「The late summer heat」「竹田の子守唄&The Foggy Dew」「Polka set(アイリッシュ)」・アンコール「故郷」
夜は〜「Jig Set」「フォレストガーデン」「The late summer heat」「Polka set」でした。
「The late summer heat」は濁音さんのオリジナル曲で、「竹田の子守唄&The Foggy Dew」もオリジナル編曲で、どちらも、CDCD『春中見舞』に入っています。もう1曲オリジナル曲「桃色けものみち」の3曲が入って¥500だったので、思わず買ってしまいました手(パー)
聴きやすくて、BGM感覚でチョコチョコ聞いていますわーい(嬉しい顔)(興味のある方はお取次ぎしますのでお気軽にどうぞ)
フィドル=ケンケンさん、ギター=元(げん)さん

             濁音.jpg

ケンケンさん.jpg   元さん.jpg

お昼の2番手は、私も以前からよく知ってる妖艶なお姉さまexclamation&question
偽女子高生落語「コスプレ学園」 白雪亭熟女(あつめ)(三好香)
        熟女.jpg

そして夜の2番手は、緊張のあまり昨日の夜寝られなったのか、朝寝坊して、私より遅れて楽屋入りしたパンチこの方exclamation
殺陣落語「御用改め」 白雪亭段平(河西秀樹)
        段平.jpg

3番手は、夜だけのはずが急遽昼も出る事になり、大熱演の…
メガネミュージカル落語「ミュージカルメガネ」 白雪亭松ぼっくり(松本泰明)
        松ぼっくり.jpg

そして私も昼も夜も同じ4番手で、中トリわーい(嬉しい顔)
お昼は『一眼国』で、夜は『つる』
本当は、今回の全ての台本を書かれた藤原伊織さんに書いていただいた『木村さんちの防災』をやっても良かったのですが、今回はあえて古典で勝負手(グー)という事で…(^^ゞ
その方が色も変わっていいかな?と思ったものですから。
      ききょう@.jpg    ききょうA.jpg

で中入り後は、昼は濁音さんの後、夜は中かぶりで〜
ふんどし落語「鶴は千年」 白雪亭紫(下村直裕)
        紫.jpg

そしていよいよわれらの姫の登場ぴかぴか(新しい)
和風マジック落語「妖しの宿」 白雪亭姫子(伊藤友紀子)
      姫子@.jpg     姫子A.jpg

ついでに、なんて言ったら怒られるあせあせ(飛び散る汗)案外調子ノリの天才大作家(決して大殺界ではないふらふら)藤原伊織さんも、ご紹介しておきましょうがく〜(落胆した顔)
         大作家.jpg

そして全員集合するとこんな感じ手(チョキ)
         白雪亭 全員集合.jpg

本当は、とっても肝心な、そして1番しんどい縁の下の力持ちの、制作の“通称・店長”さんのお写真がないのが残念なんですが…もうやだ〜(悲しい顔)

まぁ、大して何もしてない私に、皆さんが本当に感謝してくださり「まぁどうしましょうexclamation&question」と言う感じたらーっ(汗)ありがたい事ですわーい(嬉しい顔)
今回お手伝いさせていただいたおかげで、私自身前々から少し気になっていた、落語家さんの落語と役者落語との違いについても手がかりをつかんだりして、とっても有意義でしたグッド(上向き矢印)

因みに〜、伊藤友紀子と約7名の小人たちプロジェクトの小人ブログにも詳細がアップされていますexclamation×2
あわせてご覧くださいませm(__)m http://y-kobito.at.webry.info/


これからも何かとこのメンバーの方々とお付き合いが増えそうな予感…ひらめき
皆様も、私たちが何かやる時には、是非またお付き合いくださいませexclamation×2
posted by きょうふみ at 23:59| Comment(16) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

緊急告知

8月18日(火)名古屋に行きますダッシュ(走り出すさま)

って、別に遊びに行くわけじゃありませんあせあせ(飛び散る汗)
落語しに行きますexclamation×2

平日ですが、多分、お昼かも?
あ〜、でも、夕方からかなぁ?

実は詳細がまだわからないのですふらふら

私が所属している、《日本俳優連合組合》の、関西と中部の合同セミナー?で、俳優さんがやる落語の発表会です。
白雪亭とはちょっと、というか、かなり違います(^^;
中部側はちょっとどんな感じかわかりませんが、関西の俳優さんたちは、大真面目にexclamation&question古典落語に取り組んだ上での、発表会です。
昨年もあったのですが、昨年はスケジュールが合わず、参加できませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
今年は、行きますexclamation×2
でも、まだ詳細がわかりませんバッド(下向き矢印)
わかり次第、載せますわーい(嬉しい顔)
名古屋近辺の方、是非お越しくださいm(__)m

それにしても、白雪亭もそうなんだけど、《俳優がやる落語会》の【カテゴリ】って、演劇関係なんか、寄席・落語会関係なんかどっちなんやろ(・・?
posted by きょうふみ at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

『幸せのうた』

            幸せのうた.jpg

今日は【京橋のライブハウスレストラン ベロニカ】に《歌と芝居のコラボレーションLIVE 『幸せのうた』》を観に行ってきましたわーい(嬉しい顔)

出演:芝居パート ・河西秀樹・・下村直祐・金本輝男・河西なつ実 ほか

   音楽パート 秋人(Vo)・牧野麗(Key)

脚本・演出:藤原伊織  照明:鬼無桃犬郎  制作:桑田孝一

最近、こういう小劇場タイプのお芝居はあまり観ていなかったので、とっても面白かったです手(チョキ)
【歌とお芝居のコラボ】と言ってもミュージカルではなく、場面転換のときに秋人さんの歌(ライブ)が入るのです。
歌は、お芝居に関係あるようなないような微妙な感じの(多分)秋人さんのオリジナル曲で、不思議な雰囲気を醸しだしていました。
ただこれを観て、(多分知らない人がほとんどだと思いますが)昔、吉本の花月(京都花月だけかな?)で《ポケットミュージカルス》というのがあり、それを思い出しました。
それは、コントとコントの間に歌(歌謡曲)が入るのです。
うちの父は、そのコーナーを使って西遊記だとか、人情劇みたいなことをやっていて、西遊記の時には牛魔王の手下でザ・ぼんちのまさとさんとおさむさんが出ておられた(まだほんとに若手の頃のことです)のを覚えています。

閑話休題、今回どうしてこのお芝居を見に行ったかというと…、出演者の伊藤友紀子さんと三好香さんをちょっとしたご縁で存じ上げていたのもあったのですが、脚本・演出の藤原伊織さんが、私がと〜ってもお世話になっている方なのと、音楽パートの秋人さんは夫だからなのです黒ハート
えっ“夫”ってどういうことexclamation&questionw(@@)w驚きはごもっとも(^^;
実は、これはお芝居の上での話ひらめき
一昨年出していただいたオムニバスムービー『あの夜の噺』のパート2を昨年秋からまた撮影していて、前回テーマソングを歌ってらした秋人さんもちょこっと出演されることになり、何とそれが私と夫婦という設定なのですわーい(嬉しい顔)
近々、撮影風景などご紹介するつもりですが、出来上がりました暁には盛大に宣伝させていただきますので宜しくお願いいたしますm(__)m

で、この秋人さん、メチャクチャかっこいいのですグッド(上向き矢印)
私の方が多分、ほんの少〜〜〜しだけお姉さんなので秋人さんは私のことを「姉さん」と呼んでくれはります(ねえさん、ですよ!あねさんではありませんあせあせ(飛び散る汗))
顔もいいけど、何と言っても声と歌がいいるんるん

『おもしろワークショップ&ステージ 情熱劇場』・プロモーション用 ♪一番星 http://jp.youtube.com/watch?v=xhUoy861YOk

この映像の下のテロップをよく見てたら私の名前も出てきます(^^ゞ
でも、生の歌声はもっと迫力がありますカラオケ

あ、ひがむといけないので付け加えておきますと、藤原伊織さんもすごい才能の持ち主と、改めて認識しましたひらめき
でもって、見かけによらずロマンチストで、ようあんな細い身体で次から次へと何か仕掛けてはるなぁと感心するぐらいすごい情熱家でもありますわーい(嬉しい顔)

今日のこのお芝居を観て、すごい夢や情熱を貰ったと同時に、あまりの自分の不甲斐なさを痛感し、ちょっぴり落ち込みそうですバッド(下向き矢印)

でも、明日からまた気合入れ直して頑張るぞ手(グー)
posted by きょうふみ at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

ありがとうございましたm(__)m

1月11日12日の2日間、近松劇場《無情ノ運命》の舞台が無事終了しました。
今回は、ご案内したのが遅かったし、新年早々と言うこともあったので、私の知り合いの方にはほとんど来て頂けないだろうと思っていたのに、予想外にたくさんの方が見に来てくださり、本当に嬉しかったです\(^o^)/

今回は、前に告知させていただいたように『女殺油地獄』の主人公与兵衛の実母・おさわ役と言うことで、少し老け役で、メイクも舞台稽古から試行錯誤しながら工夫したりして、楽しかったですわーい(嬉しい顔)

見てくださった方も、「(少ない出番でも)インパクトあったよexclamation×2」とか、「出演者の中で一番着物が着こなせてたねexclamation&question」等々、お褒めの言葉を頂きました手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

年末年始の忙しい時期に稽古&本番というスケジュールで、一時は「もうこんな時期には、二度と芝居に出ないぞあせあせ(飛び散る汗)」なんて思いましたが、終わってみれば、とても楽しく、また勉強にもなり、本当に出てよかったなexclamationと思っています揺れるハート

来てくださった方、遠くから応援してくださった方々、本当にありがとうございましたm(__)m

          綾川文代 ブログ用.jpg
posted by きょうふみ at 23:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

無情ノ運命―むじょうのさだめ―

           サイズ変更サイズ変更IMG.jpg

今回は、新年早々のお芝居のご案内です。
《アカデミー近松劇場公演―無情ノ運命》に出演させていただくことになりました。
この近松劇場には、10数年にわたり時々出演させて頂いておりまして、その年代その年代で色々な役にチャレンジさせて頂いてきました。
そして今回は…、何と!老け役exclamation&questionです。
と言っても、そんなにお婆さん役と言う訳でもありません。
近松門左衛門の《女殺油地獄》の主人公・与兵衛の実母・おさわ役ということで、本来なら私の実年齢ぐらいなのでしょうが、お芝居の事ゆえ、少し老けたほうがいいのでは?などと考えながら役作りをしています。
その他、いろいろな意味で勉強になる役です。
どうしようもない不良息子を持つ母親。
息子の為、そして家(店)を守る為、あえて心を鬼にして息子を追い出す母親の情を、少ない出演シーンでどれだけ表現できるか…?
大きな課題です。
私にどこまでできるかわかりませんが、大好きな時代劇を楽しみながら、新境地(?)に新年早々チャレンジできるのは、とてもありがたいことですわーい(嬉しい顔)
今回は、その《女殺油地獄》ともう一つ《心中天の網島》の2作品をドッキングさせたお芝居です。
そして、歌舞伎で言えば義太夫にあたる部分を浪曲を使って表現する【節劇】の形でお芝居は進行します。
浪曲は松浦四郎若師匠。素敵な浪曲でとてもわかりやすくお芝居を盛り上げてくださいます。
2008年の初芝居、ぜひぜひ足をお運びくださいませexclamation×2

 日時  2008年1月11日(金)  開演/午後7時
             12日(土)  開演/午後1時・午後5時

 会場  吹田市文化会館メイシアター・中ホール(阪急吹田駅前/JR吹田駅より徒歩10分)

 入場料 前売り/3000円  当日/3500円 (全席自由席)

☆チケットのお申し込みは(チケットノルマがあるので)お気軽に当方へお声をおかけくださいませexclamation×2
posted by きょうふみ at 23:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする