2014年08月22日

お寺で怪談噺

今日は、滋賀県の堅田のお寺「新知恩院」さんで地蔵盆があり、集まった方々への余興として怪談噺『雪の戸田川』と『南京玉すだれ』をさせて頂きました。

新知恩院.jpg


ご住職はとてもユニークかつ話のわかる?方で、お心配りも素晴らしく、気持ちよくお仕事をさせて頂きましたグッド(上向き矢印)

今回は、生のお囃子という訳にはいかなかったので、娘に手伝いを頼んでテープでお囃子(効果音)を入れましたのですが、噺を聞いていた娘が「こういう怪談噺とか人情噺って、お客さんの反応がわかりにくいみたい(笑いとかがない)やけど、どうなん?やりにくくない?」と心配?してくれました。
まぁ、あまりそんなことは考えたことはないので「特に気にならない」と答えましたが…。
でもその娘が「指のない手が船べりに伸びてきたところは、想像するとゾワッとした」と言ってくれたので、きっと、怪談としては、まずまず成功だったのではないかと思っています。(アハハ、手前味噌ですが^^;)

南京玉すだれも、小さいお子さん方にも体験してもらい、楽しんでいただきましたるんるん

お土産に、地蔵盆だけに?檀家さんの手作りのお盆を頂戴しましたexclamation(他にもお心づくしのお菓子なども頂戴しました手(チョキ))

盆.jpg
posted by きょうふみ at 23:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 寄席・落語会・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「新知恩院」さん、趣のあるたたずまいですね。大阪のお寺と違ってタヌキやキツネや幽霊が出てきそうですね。

娘さんと、落語談議が出来るとは、うらやましいです。でも、ドラえもんの手だったら、指がなくても怖くないかもですね。「どこでもドア」の出口が、たまたま「船べり」の付近だったら有り得ますね。

お盆にお盆のお土産なんてしゃれてますね。お盆の上に食べるものも一緒に乗せてくれたら、もって嬉しかったですね。
Posted by タケチャンマン at 2014年08月23日 23:42
雪の戸田川ですか。一度聞かせてもらっていますね。雀のお宿だったかな??
最後のセリフが今でも耳に残っていますね。
また聞きたいです。
Posted by アッキー at 2014年08月24日 08:24
☆タケチャンマン様、ありがとうございますm(__)m
ドラえもんなら、大歓迎なんですけどね〜(*^^*)
あ、お盆の上ではなかったですけど、地蔵盆でやってたポン菓子とかお配り物のお菓子と、他にお土産にと上等のバームクーヘンも頂きましたよ..\(@^o^)/..
Posted by きょうふみ at 2014年09月03日 00:14
☆アッキーさま、ありがとうございますm(__)m
『雪の戸田川』あみだ池と雀のお宿とでやりました!
やる機会が少ないので、なかなか上達しません…f(^^;
Posted by きょうふみ at 2014年09月03日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック