2014年05月04日

玉龍寺さんにて【報告】

玉龍寺.jpg


昨年も寄せて頂いた、神戸市長田区の玉龍寺さんでのミニ落語会でしたexclamation

今年は、森乃福郎師匠と私でした。
福郎師匠とは、父が生きている時から懇意させて頂いていて、父がお芝居をしたりする時にも出て頂いたり、私が企画させて頂いた落語会にも何度か出て頂いたり、はては「あの夜の噺」と言う映画では夫婦役をさせて頂いています(^^;

私は、今回は『延陽伯』
福郎師匠は『転失気(てんしき)』

私は、実は先日チョッとしたことで肋骨を骨折したので、少し声が出にくかったのですが、お寺の本堂でマイクもない所なので、頑張って大きな声でやらせて頂きました。
おかげさまで、みなさん「良く聞こえた」とおっしゃってくださり安心しましたグッド(上向き矢印)
何だか、とても評判が良いそうで、どうやらまた来年も呼んで頂けそうです手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
posted by きょうふみ at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 寄席・落語会・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
延陽伯は我孫子で一回聞かせて頂いていますが、あの時より肩の力が抜けてよかったです。(←これって骨折の怪我の巧妙?)
最近は、ぬか袋の所を省く人も多いので、たっぷり聞けて嬉しかったです。
節々にお父さんを思い起こさせる部分があり大満足でした。
(わかってま・わかってま とか、ちゃっちゃっちゃ・いてこのさetc.)

今回は行きは、すんなり行けたのですが、帰りはどういう訳か逆方向に行ってしまい、悶々としました(笑い)
Posted by アッキー at 2014年05月05日 07:36
☆アッキーさま、ありがとうございますm(__)m
私もぬか袋のくだりをやるかどうか少し迷っていたのですが、時間的にゆとりがあったのでやらせて頂きました(*^^*)
この噺は、父にゆかりの深い噺なので、今後も大事に演じて行きたいですね!(^^)b

私は、行きは少し迷ったのですが、帰りはすんなり帰れました..\(@^o^)/..
Posted by きょうふみ at 2014年05月05日 21:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック