2012年10月12日

ついに来た・・・(><)

9月28日から抗がん剤投与(点滴)が始まりましたexclamation
少し心配していた副作用は、点滴の中に吐き気止めも入っているし、飲み薬の吐き気止めも処方されていたおかげもあってか、はたまた1回目だから軽かったのか、むかつきや吐き気はほとんどありませんでしたグッド(上向き矢印)
「しんどい・だるい感」は少しありましたが、もともと自己免疫性肝炎を持っていて、結構、だるい・しんどいには慣れていたので、これも、それほど辛くはありませんでした。まぁ、なんだかんだと言って結構横にはなっていましたし、1週間がピークと聞いていて、確かに1週間が過ぎると、かなり楽になったので「やはりしんどかったんだ」と後で実感しましたあせあせ(飛び散る汗)

また、白血球が下がるということでしたが、1週間後の採血の結果では、抗がん剤投与前からの風邪気味のせいもあってか、白血球はあまり下がっていませんでした。
基本的には2週目あたりでガクッと下がる、ということだったのですが、今日に検査結果でも、比較的緩い下がり方だったため、白血球を上げるための注射は2回でいいとのことでした。(最大3日連続で注射しなくてはいけないこともあるそうです)

ですが・・・、ついに来ました、一番顕著な副作用が…。バッド(下向き矢印)
脱毛ですもうやだ〜(悲しい顔)
昨日あたりから、少し「もしかしたら…?」という感じはあったのですが、病院の待合室で、少し先輩の患者さんにお聞きしたところ「ちょうど3週間目だった」と仰っていたので、どうかな〜?と思っていたのです。
が、今日、夜お風呂でシャンプーをした途端、抜ける、抜けるがく〜(落胆した顔)
2・3週間たった頃から、ということでしたから、そんなもんでしょう。
どんなふうに抜けるのかな〜?と思っていましたが、やはりイメージ通りの「お岩さん的抜け方」でした。
と言っても、【四谷怪談】のお芝居をご存じない方には分からないかもしれませんが(^^;
今のところ、まだ髪は結構残っていますが、う〜ん、どれくらいで全部なくなるんでしょうねぇ?
とりあえず、明日から、ウイッグのお世話になろうと思っていますわーい(嬉しい顔)
posted by きょうふみ at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう言うものなんですね。私は製薬会社に勤務していたので副作用については、理解しているつもりですが・・。
でも、ききょう様はお元気そうで安心を致しました。
舞台ではじめての洋装を見せて頂いたので、感激致しました。

落語は聖書の内容を分かり易く説明してくださっているようで、
すごく参考になりました。
聖書に愛憎劇が書かれているとは意外でした。
高島兄弟のギャグが出てくるあたりはさすがでしたね。
また色々なお話を聴かせていただきます様、お願いしておきます。
Posted by アッキー at 2012年10月13日 09:29
治療が終ったらまた生えてくるからいいじゃないですか。
それに引き換え、大治朗さんは…。(:_;)
大治朗さん、OCC寄席のトークコーナーでは、「聞き手」として(?)、役目をキッチリ果たしてらっしゃる姿に感動しました。
よくぞ、きょうふみさん相手に、5%も話せたと思います。
(:_;)←これは、感動の涙です。
Posted by タケチャンマン at 2012年10月13日 14:19
☆アッキーさま、ありがとうございますm(__)m
なかなか《OCC寄席》の報告が書けなくてすみませんm(__)m

あの洋服?は、娘に相談しながら決めました(^^ゞ

聖書って、人間の色々な面が描かれていて、読み物としても面白いのですよ!(^^)d
って、私もまだよくわかってないんですけど…(^^;

また頑張って、お昼にどこぞで見ていただけるような機会を作りますね〜!!
Posted by きょうふみ at 2012年10月13日 23:41
☆タケチャンマン様、ありがとうございますm(__)m
確かに、また生えてくるとは聞いていますから、それほど気にはしてないですが…(^^;
でも、大治朗さんのあのおでこに団姫ちゃんは一目ぼれだったとか何とか!?
あのトークコーナーは話題沸騰のようですね!(^^)d
Posted by きょうふみ at 2012年10月13日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック