2012年10月01日

風流

昨日9月30日は、中秋の名月だったそうですが、前年ながら、私の住む交野では、台風の影響で月を見ることはできませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

そうなることは予想できたので、まず前日に小望月をパチリカメラ
と、言っても雲も多く、雲間から除いたところを撮りましたひらめき
因みに、今回はあえて、ソフト等で色の修正・補正などはせず、そのままUPしています。

小望月.jpg
『小望月』E-PL3 ED40-150mm f.4.0-5.6R ISO800


そして、今日の十六夜です。

十六夜1.jpg  十六夜2.jpg
『十六夜1・2』E-PL3 ED40-150mm f.4.0-5.6R ISO1600


十六夜3.jpg
『十六夜3』FINEPIX 1/170 F5.1 ISO400


まぁ、練習に、と思っての撮影なので、三脚も持ち出さず、ベランダから張り出した屋根の上で撮ったので、少しブレ気味ですが…ふらふら

風景と一緒に撮ろうと思うと、もう少し技術とかがいる分、楽しみも倍増なんだと思いますが…。

それにしても、月の月齢に応じた呼び方にはいろいろあって、面白いですねexclamation&question
こういうのを楽しむ心をどこかに忘れてこないようにしたいですねexclamation&question
posted by きょうふみ at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
月の写真は、幻想的ですね。
「月の光」を作曲したドビュッシーの気持ちが分かる気がします。
私も月を見て作ることにしました。
「月見うどん」を!
お湯を入れるだけで出来るうどんを買ってきて、卵を落して、いただきますです。
風流です(か)なあ。
Posted by タケチャンマン at 2012年10月04日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック