2012年09月18日

久々の敬老会

昨日(9月17日)は何年ぶり?の敬老会のお仕事でしたexclamation×2
最近は、どちらかというと子供会系のお仕事の方が多かったので…あせあせ(飛び散る汗)

一門の新治兄さんが、私の体を心配しつつ、経済状態も心配して!?お声をかけてくださったのですexclamation×2
新治師匠は、本当にいい人ですグッド(上向き矢印)

新治さんが午前中に落語をされて、午後からは新治さんのショートトークの後、私の「玉すだれと踊り」と、豊来家一輝さんの「太神楽曲芸」の楽しい演芸るんるん
何が楽しいって、音響を担当してくださっていたのが世話役の中のおひとりなんですが、説明してカセットテープをお渡しした時には、気持ちの良いお返事をいただいたのですが、出囃子がかかった瞬間、「あれ?違う…、でも、ま、別にいいいやたらーっ(汗)」と出て行って、玉すだれをやり、踊りを踊ろうとすると、また違う曲ふらふら
すったもんだで、新治さんまで音響のところに参戦。何とか2曲踊り終わって、次の豊来家一輝さんの番。
またまたBGM用の曲が出ないがく〜(落胆した顔)
これも、途中から、何とかうまく出ましたが、新治さん曰く「今日は、心配した通りのことが起こったバッド(下向き矢印)

ま、それはさておき、玉すだれはともかく、新治さんも、骨折と術後ということで「足は大丈夫なのか?手(腕)は上がるのか?」と心配してくれはりましたが、超大作の舞踊を踊るのではないので、もちろん大丈夫手(チョキ)
ご祝儀舞『えび』と『故郷』を踊らせていただきました。
え?『故郷』って、もちろん「るんるんうさぎ追いしかの山〜」の『故郷』ですexclamation
踊り始めてすぐに、口ずさんでる方がいらっしゃったのに気が付いたので、踊りながら『皆さんも歌ってくださいよ〜わーい(嬉しい顔)」と言ったら、かなりの方が、一緒に歌ってくださいましたグッド(上向き矢印)

そして、私の後は豊来家一輝さん。《OCC寄席》に出ていただく豊来家大治朗さんの兄弟子にあたる方。

まずは、定番の傘回し。

豊来家一輝さん1.jpg


そして、その他いろいろあって、最後は大きな急須(土瓶?)芸ひらめき
これは関西でやるのはこの方だけとかexclamation&question

豊来家一輝さん2.jpg   豊来家一輝さん3.jpg   豊来家一輝さん4.jpg


写真だけ見ても分かりにくいと思いますが、この形のもの(土瓶)を口にくわえた棒の上でバランスをとるのは、相当難しいみたいでしたw(@@)w

それにしても、久米町の高齢者の方々は、とっても明るく優しい方ばかりでした..\(@^o^)/..
posted by きょうふみ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック