2006年05月10日

ハーブバス

我が家には日当たりのとても悪い、猫の額ほどの庭がある。
依然書いた、鈴蘭水仙などはここに植わっている。
その他にここに地植になっているのがローズマリー(トスカナブルー?)チャイブミント南天謎の木。で、そのうちのローズマリーが収拾つかないぐらいボウボウと茂って広がっている。
先日、団姫ちゃん(言わずと知れた、わが一門の団四郎兄のお弟子さん。リンク『話の屑篭』参照)がお泊りに来ることになったので、奮発してそのローズマリーをバッサバッさと切ってお風呂に入れたいい気分(温泉)
我が家は時々ハーブバスやアロエ湯をするので、それ用にちゃんと袋が縫ってある(大した物ではなく、頂いた古い手拭いを適当に縫い合わせただけである)。そこに、ぎゅうぎゅうと詰められるだけ詰めた。普段はドライハーブを使うことが多いのだけど、今回はフレッシュハーブなので少しかさが高い。
で、これを、少し大きめのなべに入れてぐらぐらっと煮る。それをお風呂に入れるのである。煮ないで入れてもいいのだけど、この方が成分がよく抽出されるらしい。
ローズマリーには、発汗作用・美肌効果・抗菌作用等があり、特記事項としては記憶力がよくなるexclamation&questionと言うことである。
記憶力がアップしたかどうかは別として、とりあえずすごく温まって、快適なお風呂でしたよ手(チョキ)
posted by きょうふみ at 15:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ハーブ&手作りコスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グラグラッと煮たお湯ごと入れるの?
それともハーブだけ?
ウチはまだまだそんなんできるほど成長していないけど、いつかできたらいいなぁ。
他にはどんなハーブが?
ドライハーブも1回煮るの?
また色々教えてね。
Posted by ♪Sunny at 2006年05月10日 16:55
そうです、お湯ごと入れます。
ドライハーブも1回煮ます。
種類は、何でもOKです、と書いても不安でしょうから、又ハーブの薬効成分等、おいおいアップしていきましょう(^_^)
それにしても♪Sunnyさん、アナタ『寄り合い酒』みたいな人やねぇ!?
「えぇっ!あの湯いりまっか〜?」
「あの湯がいりまんねやがな〜!!」
Posted by きょうふみ at 2006年05月11日 00:21
ローズマリーといえば、幻のハンガリー女王水ができまんなぁ。
70代の女王さまが病気なおってわかがえって、となりの国から求婚されたらしいです。
作り方の文献に残ってないので残念。

ローズマリーのお花つんでワインを浸して6日間おいといて次に熱したすなに密閉するそうです。
Posted by ララァ at 2006年05月11日 09:48
俗に言う《ハンガリーウォーター》ですね!?
今では基本的に
・ローズマリー(ドライ)
・ミント(ドライ)
・ローズ(ウォーター)
・オレンジピール少々(刻む)   等
もしくはこれらの精油を使って、精製水や、アルコール類を使って作った物を言うらしいですヨ!

Posted by きょうふみ at 2006年05月13日 01:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック