2009年06月23日

感謝ですm(__)m

昨日に書くつもりが1日延びてしまいました…ふらふら

6月19〜21日、愛媛県へ車(RV)ダッシュ(走り出すさま)
《日本伝道会》という、日本基督教団の中の牧師先生方が集まって作っていらっしゃるグループが主催の『日本伝道150周年記念 四国集会』―証と賛美と落語の集い―で、元々はやはり、父と妹と3人で行くはずでした。
父が亡くなり、主催者側は「どうなることかがく〜(落胆した顔)」と思われたそうですが、こちらはこちらで「どうなることかがく〜(落胆した顔)」と思っていたのですが、父の代わりに母に来て欲しいとおっしゃってくださり、女3人で行くことになったのですわーい(嬉しい顔)
ところが18日になって、妹が拠所ない事情でどうしても20日からしか参加できないという事態が起こってしまい、あたふたふらふら
普通の芝居関係や落語のお仕事なら、なかなかそうは行かないのですが、クリスチャン関係の特殊な状況の中、まず、私と母が先発隊として行くことにあせあせ(飛び散る汗)
1番何が問題だったって、宇和島の手前の大洲と言うところまで私1人で軽ワゴンを運転して行かなくてはいけなかったことですバッド(下向き矢印)
でも、おかげさまで、順調に予定時間より30分以上も早く着くことができました手(チョキ)
あ、別にスピードを出したわけじゃなく、余裕を1時間半ほど見て出発してたのが、本当に順調に着いたわけですわーい(嬉しい顔)

集会の細かい様子(内容)は『QUE SERA SERA』http://hallelujah517.seesaa.net/をご覧くださいm(__)m

で、何が感謝って、本当にスタッフの牧師先生方がよくしてくださり、美味しいものがいっぱい食べられました\(^^)/(って、それかいなexclamation&question
しかも、1日目の会場になった日土(ひづち)幼稚園で、お土産に夏蜜柑とみかんジュースをたくさん頂いたのですexclamation×2

             お土産!.jpg

夕食の時に、夏蜜柑とニューサマーオレンジというのをたくさん出してくださり、「夏蜜柑ならまだたくさんありますから、持って帰られますか?」とっしゃるので「はい、私、あつかましいので喜んでるんるん」と申し上げたところ、ダンボールにいっぱいの夏蜜柑とジュースをやはりダンボールに1箱(1ダース)もexclamation&question
夏蜜柑は売るように作っていらっしゃるのではないので、見た目は傷があったり大きさもバラバラだったりしますが、味はとっても手(チョキ)

2日目は大洲で、昔NHKの朝ドラの『おはなはん』のロケ(撮影)をした名残の“おはなはん通り”近くの料理屋さんで、松山名物?のさつま汁定食を頂きましたわーい(嬉しい顔)
どうやら、九州地方等いろいろな所にさつま汁というものはあるらしいのですが、そこそこでかなり違うもののようです。
大洲で食べたさつま汁は【南予地方に伝わる郷土料理で、すりつぶした瀬戸の焼き魚と薬味と麦味噌を合わせた汁を御飯にかける田舎飯】というもので、この日の瀬戸の焼き魚は鯛でとっても贅沢なものでした黒ハート
また、新谷伝道所では大洲名物の志ぐれ餅をいただきましたexclamation
和菓子大好きな私にはとっても嬉しく、余った分も持たせてくださり、ホテルに帰ってからもまた頂きましたわーい(嬉しい顔)

3日目のお昼も誘っていただいたのですが、この日の会場である松山番町教会で、コーヒータイム用に用意されたケーキを食べたくてパス(^^;
手作りケーキをいっぱい食べました手(チョキ)

帰りは、松山から名塩までは妹に運転して貰い、少し楽チンをして帰ってきた次第ですわーい(嬉しい顔)

すべて神様に守られた中で、素敵な出会いと美味しい物に囲まれて、本当に恵まれた3日間でした手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
posted by きょうふみ at 23:39| Comment(8) | TrackBack(0) | キリスト教関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が正月、ある劇場に入れてもらったときにいっしょに食べてのもみかんでした。 思い出しますね。 時間が出来たら、ネットで ききょうの里 見てくださいね。 なんで師匠がつけたのか??。 花言葉を知って、益々フアンになりました。
Posted by フアン at 2009年06月25日 09:54
☆フアン様、ありがとうございますm(__)m

“ききょうの里”見ました!
7月初旬が満開となっていました。
できたらそのころに行って見たいと思います!!

私の名前は【露の】の家紋から来ています(^^)
花言葉…やさしい愛情・誠実・従順・変わらぬ愛・変わらぬ心・清楚・気品・正義
どれも私にぴったり!?ぬゎ〜んちゃって(^^ゞ
Posted by きょうふみ at 2009年06月25日 16:43
おいしい物をたくさん食べられて良かったですね(^O^) いえ、充実した時間を過ごせて良かったですね
大洲は伯母(あれ叔母か?)が永年住んでいたので、小学生の時は夏休みに長期で過ごしました いとこが二人とも男だったので野性的な遊びばかりでした(^^ゞ
でもさつま汁は知らないなぁ…志ぐれは母が好きで今も時々食べたい〜と言います 少しモノは違うかもしれませんが、関西の百貨店でも売ってるはず(*^_^*)
本題と違う所に反応してすみませんでしたm(_ _)m 懐しかったのでつい…
Posted by けんけん at 2009年06月26日 04:22
しぐれ、なつかしいですね、小豆を葛で固めた和菓子でしょ。ただつぶ餡と違った小豆の固い触感に違和感があって、小さい頃のボクには好みではなかったですが。
もちろん今ならまた違った味わいが感じられると思います。
「おはなはん」はテレビではご覧になりましたか?ちょっと世代がギリギリかな?ボクは昔白黒のテレビで見たおぼろげな記憶があります。樫山文江さんが主役だったかな、地元大洲出身の作家の母親がモデルらしいですね。主題歌は倍賞千恵子(オリジナルはメロディだけ)で今も大洲駅前では時報に流れます。
さつま汁は、松山でなくて宇和島〜大洲のほうの地元の郷土料理ですよ^^
九州ではさつま汁っていうより「冷や汁」てのがそうかな?
松山の人はあまり口にしないと思います。正しくは「いよさつま」ですね。これも母がよく作ってくれましたが、ボクは魚が苦手だったんですよね、今と全く逆なんですけど・・・^^

今回は愛媛のいいところを見てくださったので安心しました。ボクもまだ知らないいいところがまだまだいっぱいあるような気がしますから、またお出でください、なんてね。

Posted by 警備のおじ at 2009年06月26日 06:15
満開は7月ですか。 さてさて、ききょう様のご自宅から、電車は見えますか? 七夕の日は2台のおもしろい電車が夕方すれ違ったり、並んだり(私○駅)しますよ。 。。。。。 でも、お母様はむっちゃお元気で。 四国の後はどこかの温泉ですか???。 昨日も新○○○の最終公演。 明日は五○さんで最終は舞踊。 ココに来ると、いつも師匠のあの着物姿思い出します。 師匠に感謝
Posted by フアン at 2009年06月26日 09:35
☆けんけん様、ありがとう(^^)/

イエイエ、これは立派に本題に触れてますよ〜(^^)
そう!?大洲に遊びに行ってたんやw(@@)w
世の中、ほんとに狭いねぇ!?
Posted by きょうふみ at 2009年06月26日 22:04
☆警備のおじ様、ありがとうございますm(__)m

『おはなはん』は、ぎりぎり見てないっていう感じですねぇ(^^;
樫山文枝さんだったと言うのは知ってますが…(^^ゞ

松山は昔遊びに行って、松山城とか行きました(^_^)
機会があれば、子供を連れて遊びに行きたいですね!!
Posted by きょうふみ at 2009年06月26日 22:28
☆フアン様、電車は見えませんが、昨年、市が主催する七夕祭りに行ってその電車を見ました!
いわゆる鉄ちゃん達が一所懸命撮ってはりました(^^)

新歌舞伎座ですか?
一時は私の主な活動の場でもあったので、本当に寂しいです…(;;)
父も、あの舞台に立ったと思うとなおさらですね…。
Posted by きょうふみ at 2009年06月26日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック