2009年03月20日

『幸せのうた』

            幸せのうた.jpg

今日は【京橋のライブハウスレストラン ベロニカ】に《歌と芝居のコラボレーションLIVE 『幸せのうた』》を観に行ってきましたわーい(嬉しい顔)

出演:芝居パート ・河西秀樹・・下村直祐・金本輝男・河西なつ実 ほか

   音楽パート 秋人(Vo)・牧野麗(Key)

脚本・演出:藤原伊織  照明:鬼無桃犬郎  制作:桑田孝一

最近、こういう小劇場タイプのお芝居はあまり観ていなかったので、とっても面白かったです手(チョキ)
【歌とお芝居のコラボ】と言ってもミュージカルではなく、場面転換のときに秋人さんの歌(ライブ)が入るのです。
歌は、お芝居に関係あるようなないような微妙な感じの(多分)秋人さんのオリジナル曲で、不思議な雰囲気を醸しだしていました。
ただこれを観て、(多分知らない人がほとんどだと思いますが)昔、吉本の花月(京都花月だけかな?)で《ポケットミュージカルス》というのがあり、それを思い出しました。
それは、コントとコントの間に歌(歌謡曲)が入るのです。
うちの父は、そのコーナーを使って西遊記だとか、人情劇みたいなことをやっていて、西遊記の時には牛魔王の手下でザ・ぼんちのまさとさんとおさむさんが出ておられた(まだほんとに若手の頃のことです)のを覚えています。

閑話休題、今回どうしてこのお芝居を見に行ったかというと…、出演者の伊藤友紀子さんと三好香さんをちょっとしたご縁で存じ上げていたのもあったのですが、脚本・演出の藤原伊織さんが、私がと〜ってもお世話になっている方なのと、音楽パートの秋人さんは夫だからなのです黒ハート
えっ“夫”ってどういうことexclamation&questionw(@@)w驚きはごもっとも(^^;
実は、これはお芝居の上での話ひらめき
一昨年出していただいたオムニバスムービー『あの夜の噺』のパート2を昨年秋からまた撮影していて、前回テーマソングを歌ってらした秋人さんもちょこっと出演されることになり、何とそれが私と夫婦という設定なのですわーい(嬉しい顔)
近々、撮影風景などご紹介するつもりですが、出来上がりました暁には盛大に宣伝させていただきますので宜しくお願いいたしますm(__)m

で、この秋人さん、メチャクチャかっこいいのですグッド(上向き矢印)
私の方が多分、ほんの少〜〜〜しだけお姉さんなので秋人さんは私のことを「姉さん」と呼んでくれはります(ねえさん、ですよ!あねさんではありませんあせあせ(飛び散る汗))
顔もいいけど、何と言っても声と歌がいいるんるん

『おもしろワークショップ&ステージ 情熱劇場』・プロモーション用 ♪一番星 http://jp.youtube.com/watch?v=xhUoy861YOk

この映像の下のテロップをよく見てたら私の名前も出てきます(^^ゞ
でも、生の歌声はもっと迫力がありますカラオケ

あ、ひがむといけないので付け加えておきますと、藤原伊織さんもすごい才能の持ち主と、改めて認識しましたひらめき
でもって、見かけによらずロマンチストで、ようあんな細い身体で次から次へと何か仕掛けてはるなぁと感心するぐらいすごい情熱家でもありますわーい(嬉しい顔)

今日のこのお芝居を観て、すごい夢や情熱を貰ったと同時に、あまりの自分の不甲斐なさを痛感し、ちょっぴり落ち込みそうですバッド(下向き矢印)

でも、明日からまた気合入れ直して頑張るぞ手(グー)
posted by きょうふみ at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポケットミュージカルズはよく覚えていますよ。
昔の難波花月でもありましたよ。
私は大学時代に、授業をサボって難波花月によく行きました。
もちろん、難波花月であった露の五郎襲名披露興行も、初日に行きましたよ。
口上で、先代の染丸師がお父さんの名前を間違えて、露の五郎兵衛と言っておられました。
でも、結局五郎兵衛になられたんですから、間違いではなかったのですね。(笑い)
Posted by 鹿せんべ at 2009年03月20日 21:22
☆鹿せんべ様、ありがとうございますm(__)m

どうやら、どこの花月でもやっていたようですね!?
うちの父はKBSでラジオ番組を持っていた関係もあったのか、京都花月の出番が多かったようで、どうしても京都花月の印象が強いのです(^^)

襲名披露興行ではそんなことがあったのですか!?
私たちは、襲名の時は寄席とかには行かなかったような…気が…するのですが、今度、母か妹に聞いてみよう…。私はそういう記憶が本当にあいまいで…(^^;
襲名興行の記憶といえば、くす玉(割り玉ではないお祝い用の飾り物)を、たくさん頂き、珍しく思ったのを覚えているぐらいです。
Posted by きょうふみ at 2009年03月20日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115957665
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック